若久の家

福岡市南区
竣工 2019.03
構造・規模 木造・2階建・133.75㎡
施工 (有)桑野組

北側と西側は隣家、南側に両端の高低差が1.5m程ある坂道の道路。
東側は隣家の通路に面しており、わずかばかり開放性のとれる場所。
ほんの少し小高い丘の上に建つ立地の特性を活かし、家族が集まる場所(LDK)を2階に設えました。
住宅が密集する中、プライバシーの確保と西日に配慮しながらも、明るく風通し良く遠くに見える
山々や刻々と移ろう光や風、空を眺める事が出来、心地よい家族が集まる場所が出来ました。
​また、LDKを中心に動線を回遊式とし、自然とコミュニケーションが図れる様になっています。
外観は黒いガルバリウム鋼板と白い塗壁でキリッとシャープに存在感を出し、室内は素材と
色合いのバランスを大切に、暖かみのあるとても落ち着いた仕上がりとなっています。
中でも床に使用した胡桃は、広葉樹でありながら柔らかく、とても肌触りの良い無垢材のフローリングです。
年月と共に、家族と一緒に経年変化をしていく様子が楽しみです。

 

Photo:Yousuke Harigane