暮らすこと~キャンプから学ぶ

こんばんは。
福岡市南区を拠点に活動する建築設計事務所、
藤本建築設計事務所の藤本博子です。

 

九州は台風が直撃ではないものの、段々と近づいてきており
不安な気持ちでいらっしゃる方もおられるかと思います。

 

大雨の梅雨が終わると暑すぎる夏、そして台風の季節・・・
自然の猛威がいつも隣り合わせだという意識を持っておかなければ
と最近は強く思います。

 

もし停電になったら?
外で寝泊まりしないといけなくなったら・・・?

今の便利な生活に慣れてしまっていると不安な事がたくさんありますよね。

 

実は先日、この秋にキャンプに行こう!と家族の中で盛り上がりまして
テントを見に出かけてきました。

 

↓ ↓ ↓ テント設営のレクチャー中

前々からずっと行きたかったのですが、このコロナ禍・・・
キャンプであればソーシャルディスタンスもある程度確保可能で、他の方に
迷惑がかからないのでは?
きっと同じ事を考えられている方が大勢いらっしゃるのではないかと思います。

 

外での寝泊まり・・・
便利な生活から離れ、あえて不自由さを体験する。

 

 

とはいえ、モノに溢れているこの時代。
完全な不自由さまでは追求出来ないのが本音ですが・・・汗

 

自然の中に身を置き、心地の良い場所を探しそれを五感で感じる。

 

何もないところに屋根を張る。
雨風を凌ぐ為の、身を守る行動

 

タープ一つで心地よい場所をつくる

 

そこに 暮らす事、築の原点があると思います。

 

我々技術者は、その場所での心地よい場所を探し出し設計図に描き、
そして現代の製品と技術によって形にしていく。

 

原点は昔から同じだという事を設計者として体験してきたいと思います。
そして、生きる力のレベルアップが出来たら・・・と思います。

 

キャンプから戻ったら、またブログアップしますね!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
藤本建築設計事務所 代表 藤本博子

お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。
→お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA